忍者ブログ
鉄道模型工作と建物調査等の日報。 人生行き当たりばったり。 それでも何とかなってます。
[163] [102] [153] [87] [143] [132] [95] [191] [78] [80] [76]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クモハ32000さんから資料をご提供いただき、機器の配置についての知識は大きくその量を増やしました。とりあえずは一つずつ手持ちのパーツで使えるもの、使えないものをチェックしていこうと思います。

まずは、非トイレ側側面の左側の機器から詰めていきます。
 

 


この機器は水揚弁装置箱というもので、切り粉だらけの工作室Ⅱ「水揚弁装置箱の工作(実物の解説)」 に詳細な画像があります。クモハ32000さんから、この中のオハフ50のものが該当すると教えていただきました。

RIMG0034.JPG早速手持ちのオハフ50のものを見てみます。








RIMG0036.JPG分解して長期留置中だったので、埃は見逃してください。(笑)
多少厚めのカマボコ板を多少面取りしたといったディテール。HG製品ではないので仕方の無いところですね。






RIMG0023.JPG次にチェックしたのはこれです。








RIMG0024.JPGほんの少し手を加えれば、十分使えそうです。しかし、手許にはこの床のパーツは1個しかありません。ホビーセンターにはもう既に在庫なしとのこと。運よく近日中に手に入ればいいのですが、可能性は低いです。苦手なプラ材等からの自作の可能性高しです。





RIMG0025.JPG最後に、ジャンク箱からTOMIXのマニ50の床下を探してきました。2000番台と2100番台でこれだけ床下機器の配置が違うんですね。以前製作したマニ50 2223の床下が出鱈目だということがわかり、ショックです。

また更新修繕が必要な車輌が増えてしまいました。(泣)




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
今晩は
楓様
マニ50は途中から、酷寒地運用対策のために、台車内のブレーキシリンダーが、気動車のように床下下面の台車後ろに各1個ずつ取り付けられるようになって、2101~(要は100番代)になりました。
研究大変ですが、サポートいたしますので、頑張ってくださいね!
クモハ32000 URL 2009/07/01(Wed)22:26:48 編集
再整備の際には
クモハ32000様
スユ15が片付いたら、その余勢を駆って進めようと思います。
そのときはまたよろしくお願いします。
【2009/07/02 20:35】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 ハル]
[01/23 北東荷2]
[07/01 クモハ32000]
[06/27 急行越前]
[06/25 クモハ32000]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
楓車輌
性別:
男性
趣味:
鉄道模型・町歩き・釣
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]