忍者ブログ
鉄道模型工作と建物調査等の日報。 人生行き当たりばったり。 それでも何とかなってます。
[192] [163] [102] [153] [87] [143] [132] [95] [191] [78] [80]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週はJNMAでしたが、浜松町詣はしませんでした。
欲しいものがなかったわけではないのですが、あの混雑と熱気と「・・・」を思い今回は見送りました。

ちょっと前回の記事から日が経ってしまいましたが、今回も水揚弁装置箱の話です。
 


スユ15-2019~の水揚弁装置箱は実車では14系15型に使われていると、クモハ32000さんから教えていただきました。トミックスのオハネ15から持ってこようかとも思ったのですが、コスト面でとりやめプラ板からの自作と相成りました。

mizu1.jpgt1ミリとt0.5ミリのプラ板の端材を組み合わせて、t1.5ミリのプラ材を作り6×5.5ミリに切断します。
ウェーブのヤスリほう台2を使って、その小片のレール側に面する下部を0.5ミリほど面取りします。





mizu2.jpgこの箱のままぶら下げたのでは、他の機器とのデティールでバランスを欠きます。なんとか出来るだけの事はやってみようと、苦手とする細密化に取り組みました。







mizu3.jpg頂いた画像や手持ちの資料を参考に他のパーツとのバランスを考え加工します。プラ部分はt0.14ミリプラペーパーとt0.2ミリ、t0.3ミリのプラ板を使用。
取っ手は1ミリ幅の手摺を埋め、とりあえず完成としました。

次は、となりに位置する水揚空気ダメ(?)の選択です。



 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 ハル]
[01/23 北東荷2]
[07/01 クモハ32000]
[06/27 急行越前]
[06/25 クモハ32000]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
楓車輌
性別:
男性
趣味:
鉄道模型・町歩き・釣
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]