忍者ブログ
鉄道模型工作と建物調査等の日報。 人生行き当たりばったり。 それでも何とかなってます。
[103] [100] [99] [98] [97] [96] [94] [93] [92] [91] [90]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

RIMG1525.JPG金曜日の夜、仕事を終えて六本木ミッドタウン内のサントリー美術館へ行ってきました。
お目当ては鳥獣戯画がやってきた!
土日は殺人的な混雑が予想されたので、ちょっと無理をしました。


子供の頃、福音館の「かえるのごほうび」という絵本を持っていました。それは、戯画にオリジナルな話を載せたもので非常に気に入っていました。残念ながら、何回か引越しをしているうちに紛失してしまったようで今は手許にありません。しかし三つ子の魂何とやらの刷り込みがあるらしく、もうどうしようもなく好きなのです。

6時半頃館内に入場しましたが、予想よりも混んではいましたが、すぐに会場から逃げ出したくなるほどではなく、十分に時間をかけて絵巻を見ることが出来ました。絵師の迷いのない筆運びを目にして、どれだけ練習すればあれほどの技量を身につけることが出来るのか、どんな思いでこれを書いたのか、絵師のことが気になっています。

戯画以外の収穫としては"雀の小藤太絵巻"という絵巻物です。子供を殺された雀の小藤太を慰める様々な鳥が鮮やかに描かれています。その後、小藤太は世を儚んだのか「出家」するのですが、出家前は「雀」の姿だった小藤太が出家後は「雀人間」の姿になってしまうのが、中世の宗教観とか言うものなのかもしれません。

RIMG1524.JPG買うことをほぼ決めていた図録は、ちらっと中身を見ただけで購入。会場内で買ったら鳥獣戯画エコバッグが付いてきました。サイズは手頃で、鞄に忍ばせておけば、ちょっとした買物の際に活躍してくれそうです。しかし、綺麗なままでとって置きたいと言う「コレクター心」が出てきてしまい、「使用派」と「保管派」が私の中でせめぎあっています。図録以外に、一筆箋と絵葉書数枚を購入し会場を後にしました。それ以外にも色々欲しかったのですが、きりがないのでやめました。またいくら好きとはいえ、Tシャツは止めておきました。

展示物の入れ替えがあるので、後期になったらまた見に行きたいと思っています。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 ハル]
[01/23 北東荷2]
[07/01 クモハ32000]
[06/27 急行越前]
[06/25 クモハ32000]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
楓車輌
性別:
男性
趣味:
鉄道模型・町歩き・釣
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]